消防設備士覚書
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

kuro119

Author:kuro119

都筑建築工房
TSUZUKI-WORKS.com

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

 消防法改正 平成20年10月1日施行
消防法改正 平成20年10月1日施行

以下2項目、4類、特類受験生は目を通しておいたほうがいいでしょう。
詳しくは消防庁ホームページにあたってください。
ただ、設備士試験ではそれほど詳しくは問われないはずです。
以下の2項目を知っておく程度で充分でしょう。

◆カラオケボックス、漫画喫茶、ネットカフェなどの個室系店舗を対象に、自火報の設置基準が強化された。

改正前、カラオケボックスなどは、2項ロとして遊技場又はダンスホールとして、300平米以上で自火報が必要とされた。
 ↓
改正後、カラオケボックスなどは、2項ニとして独立。面積にかかわらずに自火報が必要となった。

さらに、カラオケボックス等の音響が聞き取りにくい場所においては、その警報音が、他の警報音又は騒音と区別して聞き取ることができるように措置がされていなければならない。
 ↓
製図問題で出題された場合は、カラオケボックスの個室ごとに地区音響装置(火災ベル)を設置すること。

具体的な対象は、カラオケボックス、インターネットカフェ、漫画喫茶、テレホンクラブ、ビデオルームなど。

◆温泉採取施設には、ガス漏れ検知器が必要となった。


テーマ:資格試験 - ジャンル:就職・お仕事

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/09/17(木) 09:21)

<<無線通信補助設備 | ホーム | 鋼管JIS記号>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kuro119.blog22.fc2.com/tb.php/33-63ac3341
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 消防設備士覚書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア