消防設備士覚書
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

kuro119

Author:kuro119

都筑建築工房
TSUZUKI-WORKS.com

最近の記事

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

 知的障害者グループホームの火災
2008年6月2日未明に神奈川県綾瀬市で発生した、知的障害者グループホームの火災の件です。
大きな被害を出してしまった、このグループホームの火災について、消防設備に関する消防法上の事実を簡単に述べてみます。

消防法のほうからしてみると、2008年6月の時点では、このグループホームには、自動火災報知設備、消防機関へ通報する火災報知設備、スプリンクラー設備等の設置義務はありません。
また、住宅用火災警報器の既存住宅への設置については、神奈川県綾瀬市の条例では、2011年5月31日までは猶予されています。
つまり、火災発生の時点で、このグループホームには、消火器を除くとこれといった消防設備を設置すべき義務がなかったということです。

認知症高齢者グループホーム等(自力で避難することが著しく困難な人が入所する施設)への、自動火災報知設備、消防機関へ通報する火災報知設備、スプリンクラー設備等の、消防法による設置義務は、新築の場合で2009年4月からとなっています。
既存建築物には、さらに3年間の猶予期間が設けられています。

住宅用火災警報器については、新築住宅で2006年6月から設置が義務付けられています。
しかし、既存住宅については、消防法で2年間の猶予期間が設けられており、さらに各市町村は条例で、猶予期間を5年間まで延長することが可能となっています。

最後に私見です。
話があと先になりますが、この知的障害者グループホームは、認知症高齢者グループホーム等に該当するのかという問題があります。
このグループホームの入居者は、日中は通所施設に通っていたとのことなので、自力で避難することが著しく困難とはいいがたいかもしれません。(入居者が通常の移動に介助が必要であったり、車椅子等が必要であれば話は別です。)
となると、このグループホームは、認知症高齢者等グループホームには該当しない可能性があり、自動火災報知設備、消防機関へ通報する火災報知設備、スプリンクラー設備等を設置する法的義務が、2009年4月以降も発生しないということです。
ただ、今回の火災によって、認知症高齢者等グループホームの範囲が広がる可能性はあると思います。

テーマ:資格試験 - ジャンル:就職・お仕事

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/12/31(木) 14:05)

 実技試験のヒント
消防設備士試験の実技試験について、何度か受験したうえでの経験とネット上の情報からおぼろげながらわかったことを記してみます。
内容については、まったくの正解とはいえないかもしれませんが、まったくの的外れではないと思います。

まず、実技試験の採点は、落とすための採点ではないようです。
採点が甘いといっては語弊がありますが、粗探しをするような採点でないことはたしかです。

それゆえ、不確かな解答でもかまわないので、とにかく解答欄を埋めること。
間違った場合は0点ですが、突拍子もないことを書いてしまっても、マイナスされることはないはずです。
とにかく、空欄のままが一番いけません。

上記に関連して漢字についてです。
漢字が出てこなくて平がなで書いてしまった場合、満点をもらえるかどうかはわかりませんが点はもらえるようです。
このあたりは、実際に平がなで解答したところ点をもらえていたという情報があるので、かなり高い確度で大丈夫だと思います。
ただ、消防設備関係の名称などは、そのものの名称などを覚えるためにも、漢字の書き取りなどをして覚えてしまったほうがいいでしょう。

それでは漢字を間違えた場合はどうなるでしょうか。
たとえば二本線のところ三本線としてしまったなどの単純な間違いや、意味が通ずるような間違いの場合は問題ないと思いますが、異なった意味になってしまうような場合は誤答になるのではないでしょうか。
それを考えると、誤答よりも平がなのほうがいいのではないでしょうか。

順を追って答えを出していくような問題では、最初のほうで簡単な事がらが出題されます。
たとえば、甲2類では、この場所に設置する放出口はなにか、その放出面積は何平米か、などのように最初のほうで簡単な事がらを問うてきます。
これは確実に筆記試験の知識で解答できる問題です。
そして、この問題が簡単だからといって、それほど配点が低いようには思えません。
このような問題を落さないようにするべきだと思います。
これは、あくまでも私の経験からの判断ですが。

解答を考える上でのヒントに、筆記試験の問題文があります。
筆記試験の問題文が、そのまま実技試験の解答になることはないでしょうが、解答のヒントになることがあります。
また、筆記試験の問題文を読んでいるうちに、何かしらひらめくことがあるかもしれません。
実技試験に行き詰ったら、筆記試験の問題文を読んでみることをおすすめします。
試験時間のほうは、たっぷりあるはずです。

さらに、実技試験を解いてから、筆記試験の問題文を読んでいると、筆記試験の解答が浮かんできたり、誤りに気づくこともありえます。
実技試験には図が付き物なので、その図を使って考えの整理ができることもあります。
試験に際しては、筆記試験と実技試験を別々のものと考えずに、行き来しながら考えてみてください。

最後に、甲種消防設備士の試験は、筆記実技合わせて最長3時間半の長丁場です。
そして、一度試験会場を出てしまうと、試験はそれでおしまいになってしまいます。
つまり、試験途中でトイレに行きたくなっても、一度会場から出てしまうと戻ってくることができないということです。
試験中にトイレに行きたくならないよう、前日から水分補給など体調管理に気をつけてください。
これ、けっこう大事ですよ。

テーマ:資格試験 - ジャンル:就職・お仕事

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/12/01(火) 18:51)

copyright © 2005 消防設備士覚書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア