消防設備士覚書
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

kuro119

Author:kuro119

都筑建築工房
TSUZUKI-WORKS.com

最近の記事

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

 甲種2類 試験問題
2008年8月30日 東京 甲種2類 実技試験

■鑑別等■

★フォームチャンバーの各部名称・・・ベーパーシール、デフレクター

★混合器(プロポーショナー)の各部名称・・・加圧水導入弁、オリフィス、泡消火薬剤送り出し弁(語群から選択)

★固定泡放出口の図を示して・・・タイプを答える(Ⅲ型)。さらに、この種の防火対象物に必要な消火設備を答える(補助泡消火栓 or 泡モニターノズル・・・どちらが正解なのかはわかりません)

★泡資料コレクターを示して・・・名称、用途程度(語群から選択)

★一斉開放弁周りの図を示して・・・点検要領を3項目の箇条書きで答える(2次側の止水弁を閉止、テスト弁を開放、流水とベル音の確認・・・でよいと思う)


■製図■

★構成図を示して

混合方式の名称・・・プレッシャーサイドプロポーショナー
止水弁、逆止弁の記入
電路の記入(どの線が制御盤につながっているのか、受信機につながっているのか程度でよいはず)

★駐車場の平面図を示して(中間部付近に H=40cm の梁・・・均等割りではない)

設置する泡ヘッドの名称
泡ヘッド最小設置個数

与えられた薬剤液容量(総量)から、平米あたりの薬剤量を求める(何L/㎡)
(総量を区域面積で割って、さらに放出時間10分間で割る)
最小の薬剤量とすると、その薬剤は何か?

さらに与えられた薬剤量(総量)を変えて、平米あたりの薬剤量を求める(何L/㎡)
最小の薬剤量とすると、その薬剤は何か?

注)面積、薬種から薬液量を求めるのではなく、薬液量から逆算して薬種を求める問題。
落ち着いて考えれば難しくはないが、はじめて遭遇すると面食らう問題かもしれない。

2008年9月10日 ネット発表で合格を確認しました。

テーマ:資格試験 - ジャンル:就職・お仕事

消防設備士2類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/08/30(土) 18:51)

 甲種1類 試験問題
2008年8月に行われた試験で、記憶に残っている部分を順不同であげてみます。

■筆記試験■

★等分布荷重を受けた単純梁のモーメント図はどれか
★合金について・・・各種合金の性質、構成成分・・・白銅が出た
★消防設備士等による点検が必要な防火対象物の面積・・・特防1000平米以上
★電動機の回転数・・・N=120f/p  f=周波数、p=極数・・・これを知らないと解けない
★接地工事・・・D種の接地抵抗と接地線の太さ 100Ω、1.6mm
★複数電源と複数抵抗をもつ回路の問題・・・単純な合成抵抗値を求める問題よりも難しいが、具体的な数値を用いず、記号のままで求める問題のため、答えの見当はつく 
★電圧計の測定範囲を広げるには・・・倍率器(直列に接続)
   参考・・・電流の場合は分流計を並列に接続
★起磁力・・・何に比例、何に反比例程度の単純問題
★縦ひずみ ひずみ:ε 元の長さ:L0   変形後の長さ:L
       ε=(L0-L)/L この式から導き出す
★力学 30度の傾斜の途中での釣合いに必要な力 sin30度=1/2を知っていれば解ける
★スプリンクラーヘッドが不要な部分 
   エレベーター昇降路には不要、エレベーターホールには必要
★消防用設備の設置単位 別の防火対象物としてみなされる場合
  耐火構造の床壁など・・・階が違っていても床が耐火構造でなければダメ
★すべり軸受けの有利な点
★第1種配電盤の設置場所について・・・ここまではやるのは厳しい 捨て問題?
★水噴霧消火設備の水源水量・・・10L/分、20L/分
★高感度ヘッドとは・・・感度種別1種、散水半径2.6m
★各種設備の放水量・・・単純な正誤
★屋外消火栓の設置基準・・・弁等の高さ関係
★消防設備士免状の紛失・・・再発行後に発見した場合は10日以内に届ける
★措置命令に違反した場合の罰則対象(?)
★既存防火対象物に対する適用除外・・・新築工事中は?
★流体の摩擦損失水頭・・・何に比例、何に反比例程度
★流水検知装置とポンプの始動停止・・・流水検知装置によってポンプは停止されるか?
★屋内消火栓設備点検時の対処・・・ホース径が替えられていた ノズル径が替えられていた
★耐火耐熱配線に用いられる電線・・・600V二種絶縁電線を選ぶ
★電線の接続・・・引っ張り強さ、リングスリーブなど
★電線容量不足の対処法・・・管に余裕がある場合、もう1本電線を通してもよいか?
★消防設備士講習についての単純問題・・・はじめ2年、次から5年
★消防用機械器具の検定制度についての単純問題・・・形式承認、個別検定と販売陳列の可否

■鑑別問題■

★閉鎖型スプリンクラーヘッドを図示
  閉鎖型スプリンクラーヘッドそのものの名称、各部名称、デフレクターの役割り

★Y型ストレーナーを図示
  Y型ストレーナーそのものの名称、流れの方向、配管での設置場所

★ピトーゲージ、静水圧力計を図示
  そのものの名称

★圧力タンクを図示
  そのものの名称と役割り

★屋内消火栓の開閉弁を開けたが、放水されない場合に考えられることを5つ(?)記入
     
■製図問題■

★屋内消火栓の計算問題
  ポンプ吐出量、揚程など
  ポンプ選定の適否を揚程曲線図から読み取る

★屋内消火栓の構成図
  配管そのものの正誤訂正
  不要な逆止弁に印をつける
  常時閉鎖の止水弁に印をつける
  フート弁、制御盤などの名称の記入
  電路の記入
 

テーマ:資格試験 - ジャンル:就職・お仕事

消防設備士1類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2008/08/25(月) 11:49)

copyright © 2005 消防設備士覚書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア