消防設備士覚書
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

kuro119

Author:kuro119

都筑建築工房
TSUZUKI-WORKS.com

最近の記事

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

 住宅用防災警報器 警報音が鳴ったら
住宅用防災警報器の警報音が鳴ってしまったらどうするか?
それが空鳴りではなく、リアルに火事であった場合です。

基本は命の確保です。
自分の命と、同居している人の命を、危うくしないことが基本だと思います。

まずは、その部屋からの逃げ道を確認、確保してください。
火災の発生を早期のうちに知らせて、発生した火災に対処する余裕を与える。
そのための住宅用防災警報器です。

とはいえ、簡単に消せる程度の火なのに、そのまま逃げ出してしまって大きな火災にすることもないでしょう。
いつでも逃げ出せるような状態に自分の身を置いて、消火器を使って火を消してみることも必要だと思います。
もちろん、消火器を使って逃げ道を確保するような場面もあるかもしれません。

ということで、住宅用防災警報器を設置する際には、住宅用防災警報器だけでなく消火器も用意すべきだと思います。

テーマ:防犯・防災 - ジャンル:ライフ

住宅用防災警報機 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/03/05(水) 18:41)

copyright © 2005 消防設備士覚書 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア